%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-57-26

今回はエジプシャンスタイルのことを説明していきます。
私は元々ターキッシュスタイルなので、
エジプシャンスタイルはWSを多く受け学んでいます。

エジプシャンスタイルは特にリズムとメロディの感情を表現します。
細かい音を体の部位ごとで取ったりするので基礎が出来るまでは少し難しいですが、
リズムに乗せて動けるようになるととても楽しいスタイルですね。
そして奥の深いダンスです。

エジプシャンの種類

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-56-10

オリエンタル [=東洋の~]

ダンス用に作られた曲を使用します。
メロディから色々なリズム展開があって曲がストーリーになっていたりします。
衣装はセパレートタイプのよく見るベリーダンスの衣装です。
ベールなどの小物が使われるときもあります。

バラディ [=国産の~]

エジプトのショーダンサー選曲には必ず入ります。
ベリーダンスはバラディダンスと言えるほど重要です。
歌があって多くはマワール(語り部分)があります。
衣装は本来ワンピースが着用されますが、最近ではセパレートタイプも使用されています。

※Baladi | バラディとは、ただのリズム、メロディでもなくダンスのスタイルではなく、
言うなれば“生き様”です。
悠久の時と人の魂を表す言葉です。

エジプト、近隣地域のフォークロア

サイーディ [=地方の]エジプトカイロ以南のフォークロアダンス。
打楽器のドフのズシンと重いリズムでステップを踏みます。
アサヤを持ったり、男女の掛け合いもあります。
楽器はドフの他に弦楽器のラバーブや、管楽器ミズマールが入り、
ガラベイヤ(長いワンピース)にヒップスカーフを巻きます。

ミラーヤ [=ベール]エジプト・アレキサンドリア地方発祥の黒の重いベールのこと。
曲はポップスが使用されます。
衣装はミラーヤにミニ丈のワンピース、頭は毛糸のボンボンの付いたスカーフを巻きます。

ヌビアン [=ヌビア人の]エジプトアスワン地域ヌビア族のフォークロアダンス。
男女混合グループでラインダンス状にステップをする明るいダンスです。
衣装はヌビア族のワンピース、頭には帽子かターバンを巻きます。

ハリージ カリージ湾岸地域国のリズム。
腰やお腹は使わず肩と頭を使ってリズムを取ります。
曲は独特のリフレインを繰り返すドフが特徴的です。
2ステップが特徴でもあります。
衣装は体のラインが見えない大きな正方形の布から、
手と頭を出したようなワンピースを着用し髪をなびかせて踊ります。

ターキッシュとエジプシャンの衣装

ベリーダンス

エジプシャンはグワージーという北アフリカを通るジプシーがルーツですが、
バレエの影響を受け優雅で繊細な表現をされることが多いダンスになりました。
ターキッシュはトルコジプシーの民族的ダンスの影響を受け、激しく大胆な動きが多いです。

具体的な違いは

エジプシャンは規制があったためフロアーワークはほとんど消えてしまっていますが、
ターキッシュではフロアーワークは踊ります。

ターキッシュでは全曲ベールを使ったダンスがありますが、
エジプシャンは冒頭の登場に使うくらいであまり使いません。

エジプシャンではアサヤを使いますがターキッシュでは使用しません。

衣装もターキッシュではフロアーワークをしやすいようにフレアタイプ、
エジプシャンは体のラインがぴたっとなるマーメイドタイプです。

また、ターキッシュではスピンやターンが多く種類も豊富で全体的に大きな動きが多いのが特徴です。
エジプシャンでは舞台の中心で、繊細な体の動きを見せる細かい独特な動きが多いので、
地味だと感じる人もいるかと思います。

まとめ

img_0347

ターキッシュスタイルもエジプシャンスタイルも両方オリエンタルダンスである事に違いありません。
ただ、両方やってみるとまったく動きが違っていたり体の使い方も違ったりと発見がありますよ。
ダンスは表現が自由です。
さまざまなジャンルに挑戦してみて、更に踊りの幅を広げられたら素敵ですね。