%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-39-19

風に舞うベールは動きがあってこそ美しい表情や表現を演出してくれますが、
動いていなくても使い方でまた違った魅力を見せてくれます。
これは数あるベリーダンスの小道具の中でもとびぬけた魅力の一つです。
ベールは天女の羽衣的なイメージも有りますよね。
シフォンベールは体がベール越しに透けて見えるので、とても妖艶な雰囲気を演出してくれます。
ベールを体に巻き付けてみてもゆったりとしたベールの曲線美がまたいいです。

目元を強調するベールの巻き方

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-56-58

目元を強調するベールの巻き方をマスターしたら、
濃いアイメイクを頑張りすぎる必要もないくらいに感じます。
その時に使用するベールはどういったものが良いでしょうか?
また、布のそれぞれの長さもどれくらいが良いのでしょうか?
そして目元を強調するベールの巻き方を説明していきます。

横の長さ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-50-33

最近は短いものも売っているようですので、準備するにはちゃんとサイズを確認して用意しましょう。
横は250㎝~280cmは必要です。
両手を広げた状態でベールを引っ張らずに持ち、
ベールの先端が40~50cmは余る方がベールをふんわり浮かせたりした際に、
余韻が残りベールのなびきが大きくキレイにみえます。

縦の長さ

縦の長さはそれほど気にしなくても大丈夫です。
110cm~120cmくらいで売られているのが一般的ですが、
慣れていない方は、
手がしっかり横にキープできず、だんだん下がってきてしまいがちなので
縦の長さがあるとベールを踏んでしまってうまく動けなかったりします。
気になるようでしたらもう少し短めのものを探してみても良いと思います。

目元への巻き方

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-56-10

シフォンベールは髪ですべってしまうので使用するのはシルクベールが好ましいです。
シルクベールを横広に広げて頭に載せます。
それから、左側の上部分の端を合わせ、
右の人差し指をつかい半分にします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-56-10

そうすると隙間が空いて目が出せるようになります。
そこまできたら、もう後は右の人差し指で輪になっている部分と左端っこを左手でつかめば完成です。
私は右利きなので左でベールを持ち、右手をフリーな状態にします。
そうすることで右手でスネークアームをしたり踊ることが出来るのです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-56-56

巻き方アレンジ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-46-40

ベールを巻き巻きして使用したりもします。
布を広げて胸元にぐるぐると巻きます。
そして巻き終わりを前に持ってきて紐になる部分をねじります。
そのまま首後ろで結べばブラにもなります。
シルク素材のサークルスカートやハレムパンツなどに重ねてみたり、
斜め掛けにしてスカートに挟んだりしてもまた違った表情を見せてくれます。

まとめ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-58-26

シルクベールはいくつ持っていても困りませんがお値段が少々はります。
なので、グラデーションの物で温かい色あいの物、クールな色合いの物。の2パターンを持っていたりすると大体の衣装に合わせやすいかと思います。
単色でも綺麗ですが、グラデーションは一枚でさまざまなシーンに使えるので便利ですよ。
さまざまな使い方や巻き方があるので、ベール使用時の少しでもご参考になればと思います。