%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-04-16-05-29
ベリーダンスのヒップサークルとは、
腰を回すことを言います。

ただ回すだけではなく、地面と腰の位置を常に水平に保ち、
綺麗な円を描くことがポイントです。

では、どうやったら綺麗にヒップサークルが描けるのでしょうか?

腰が来るポジション

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-04-16-10-04
まず、基本姿勢を作ります。
基本姿勢は、以前の「さっそくベリーダンスを始めてみよう」を確認してください。
そこから、骨盤を右にスライドします。
右にスライドした時に腰を上げ下げしない様に注意します。
そして、右にスライドしきった場所を体に覚えさせます。
それから、基本姿勢に戻ります。

後ろに骨盤を引きます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-04-16-10-37
その際に上半身(主にチェストお胸)と頭が落ちない様に、あくまで骨盤だけ後ろに引きます。
この時腹筋に力を入れます。
その位置を体に覚えさせ、基本姿勢に戻ります。

骨盤を右にスライドした時と同様に左に地面と平行に骨盤をスライドし、同様にその位置を体に覚えさせ、基本姿勢に戻ります。

最後に、前に骨盤を突き出します。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-04-16-10-53
その時にお腹を思いっきり出すイメージで行います。
こちらも同様に頭や上半身を動かさないでキープします。
そしてその位置を体に覚えさせます。

いよいよヒップサークル

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-04-16-09-50
先ほどの体に覚えさせたポジションを使い、ヒップサークルをしていきます。

基本姿勢から、まず前にお腹を突き出して前の覚えた位置まで出します。
そこから右の覚えた位置まで曲線を描くイメージで骨盤を動かします。

次に右の位置から後ろの位置まで曲線を描くイメージで骨盤を動かします。

同様に後ろの位置から左の位置まで曲線を描くイメージで骨盤を動かし、
左の位置から前の位置まで同様に曲線を描くイメージで骨盤を動かします。

この「前、右、後ろ、左、前に戻る。」の位置をそれぞれブレないように、
曲線を描くことで、ヒップサークルが水平にそして大きく美しく見えます。

ヒップサークルの重要ポイント

大きく円を描くには正しい位置を意識する事が大切です。
大きくしようと許容範囲以上つまりオーバーにやると、上半身がブレてしまう可能性が出てきます。

なので、無理せずちゃんとスライド出来る範囲を体に覚えさせることが重要なのです。

そして、後ろに引く時は背中を反らさず腹筋に力を入れて思いきり引くこと。

前に骨盤を出すときはお腹を前に突き出すイメージを持って行うことで、より大きく、
より美しくヒップサークルが描けると思います。

そして、どんな動きでも共通するのがひざを軽く曲げること。
ひざのクッションをうまく活用する事です。

慣れてくると腕の位置もキープできるのですが、
慣れないうちは動かしている箇所ばかり気を取られてしまいがちです。

腕が下がってしまったり、中指に入れているはずの力が抜けてしまって指先が汚くなってしまっては元も子も有りません。
常に、腕は基本位置をキープして、中指に力を入れ続け指先まで意識するように心掛けることが大切です。

まとめ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-28-11-43-05
ベリーダンスのヒップサークルについて説明しました。
わたしは骨盤を思い通りに動かす基本を長くやっていたため、すぐに習得できたフィギュアでした。
みなさんも骨盤の動かし方をしっかり身に着け、美しいヒップサークルを取得しましょう!!