ベリーダンサー アイシェ

アイシェについて
年齢は非公開。
誕生日は8月13日
しし座のB型。

自己紹介:

根本的に個性は強く自由を好む。
社会に出てさまざまな方たちとのめぐり合わせで
協調性も少しは身についてきたかな?と思っている変わり者です。

ベリーダンス

幼いころ:

埼玉の田畑と裏に広がる竹やぶで自然に触れながらスクスクと育つ。
長女の為、大変可愛がられて悩みはない。
近所に友達がいたが遊んだ記憶がほぼない。
自分より小さい子にも遠慮しないから妹は大変そう。
動物が大好きで、ハムスターやねこ、犬を飼っていた。
たまに家に遊びに来るタヌキも懐かせようとこっそり夕飯の残りを裏口に置いていた。

ベリーダンス

中・高生くらいの頃:

女の子はませてくる。
良い事から悪い事まで、何でも興味を持っていた。
社会の不思議とか世の中の仕組みとか、
生きる意味とかを無駄に考えていた時期。

この頃からお化粧に興味を持ち、メイクを誰にも教わらずやるようになる。
元々普通科目より技術、芸術科目が得意だったので顔に絵を書くのも楽に出来るようになっていたのかも。

ベリーダンス

社会人になって:

通信事業の会社で働く様になる。
出産等をきっかけに転職し経営コンサルタント会社の事務員として働いていた。

ベリーダンスを始めるきっかけ:

2011年。当時4歳の娘と出来る趣味を探していたら、
親子ベリーダンスと出会う。
もちろん親子の趣味としてベリーダンスを始めるつもりが、
娘は人前で踊る事が恥ずかしいと言って、いつの間にか母だけの趣味になる。

ベリーダンス

ベリーダンスの魅力:

中東独特の音楽とベリーダンスの持つ妖艶さ、美しさ、女性の力強さに魅了される。
そして地域ごとに違っている音楽やリズムを知り、その地域ごとの楽器を知る。

ベリーダンス

ダンスを始める前も後も「音楽」は好きで学生時代は吹奏楽部に所属していた。

ただ、「ダンス」と言うジャンルに特に馴染んできたわけでもないので、
音楽やリズム乗って体が動く楽しさや表現の自由さ美しさを様々な講師に学び、
音楽に合わせて自由に表現できるダンスが大好きになった。

インストラクターになったきっかけ:

人の振り付けも嫌いではないが、
どうせなら自分で最初から最後まで振り付けを考えたことや、
レッスン中に困っている人がいて教えてあげる内に
使命感や責任感が変に出たのか、
その使命感と責任感を果たすべくインストラクターを志す。

ベリーダンス

インストラクター資格とは:

ベリーダンスのインストラクター資格は会社や所属しているスタジオによる為、
スタジオによってもインストラクターによっても開きがあり、幅もある。
なので、私は徹底的に勉強をした。
もちろん人に見られる仕事なので自分が恥ずかしくない様にと言うのもあるが、
人に教えること伝えることがインストラクターとしてとても大切で、
大切な生徒を外に出しても恥ずかしくない形にしたいから。
半端な覚悟と生半可な気持ちで資格を取る事は自分自身が許さなかったように思う。

ベリーダンス

このサイトを見て頂いた方たちへ:

もし、このサイトでベリーダンスを知らない人が少しでも興味を持って頂けたら、
もし、もう辞めようとか諦めようと思っている方がいたら、
始めた時のどきどきワクワクを思い出してもらえる
そんなきっかけになって欲しいと思っています。

ベリーダンスについて知りたい人、質問がある人はお気軽に聞いてくださいね。
hhozi6eu@gmail.com
までご連絡ください。

アイシェ